So-net無料ブログ作成

帝国製鉄

今日はお仕事で帝国製鉄へ行ってきました。

 

帝国製鉄という会社ってあったっけ? とお思いの方もいるでしょう。

実は今話題のドラマ「華麗なるいちもつ 一族」で出てくる悪者企業帝国製鉄です。

これ ある製鉄会社がモデルとなっているのですが、キムタクの阪神特殊鋼は山陽特殊製鋼です。帝国製鉄はあの「新日本製鉄」なんですね。 今日は新日本製鉄の名古屋製鉄所です。

それにしてもデカイ! 地図でみてもわかるのですが、一つの埠頭が敷地となってます。

敷地内もほとんどどこかの街状態。 信号機はもちろんオール片側2車線ですw

ドラマでは爆発してしまった高炉ですが、ここの高炉は立派にそびえています。

 

それにしても敷地が広すぎて部署から部署へ移動するのに車がないと大変です。

3箇所回ると半日かかるくらいです。

 

話はドラマに変わりますけど、単にエロイ親父と爺さんの家系の話ですね。各々愛人をこさいたり、息子の嫁を風呂場で襲ったりとwww

前々回の「公家の女の肌は柔らかい」という台詞にはまってますw

それと「将軍」(鯉)とイノシシといったいかにもリモコンで動かしている動物シリーズ。

最近あまりに動物のチャチさが某掲示板で書き込まれているので最近は出番が減ってしまって残念www

 


nice!(0)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 11

e-ロマンキッカー

こんちは!
実はわたくし「新日鉄」の株を持ってます。
最近の下落でちと焦っておりましたが、昨日の回復で
えかったえかった♪
しかし、どうせ”e”なら「公家の女の肌は柔らかい」くらいの
ことは言わないとダメっすねぇ!
まだまだだっ(爆)
by e-ロマンキッカー (2007-03-07 08:52) 

Blue

モデルになってる製鉄会社があるなんて知りませんでした<(゚∀゚)>!!
新日鉄といえば!
中学生のとき大ファンだった中垣内選手がいたとこだ~(*´∀`)
なつかしい☆あれから十数年・・・・・。

鯉とイノシシのちゃちさには私も笑ってました~。
by Blue (2007-03-07 09:18) 

クロちゃん

e-ロマンキッカー様
世界株安なんで下落は我慢するしかないでしょう。

これからは「ええとこの姉ちゃん」でなく「公家の女」がトレンドとなること間違いなしw
by クロちゃん (2007-03-07 19:08) 

クロちゃん

Blueさん
中垣内なんて懐かしい。
僕らは中垣内より一つ世代前の富士フィルムの熊田や川合とかが憧れでした。モテモテでしたからね。(かなり古いね)

鯉とイノシシで視聴率2%は稼いでいるんだそうです。(一説によると)
by クロちゃん (2007-03-07 19:14) 

nimirockstar

すごぉい。クロさんってドラマっ子なんですねぇ。
by nimirockstar (2007-03-08 06:22) 

クロちゃん

minirockstarさん
ドラマっこではないんです。
たまたま初回から見てしまったので。。。
by クロちゃん (2007-03-08 17:56) 

<たぁ>

セブン☆命のオトコとしては
このBLOGスキンのデザインが羨望の的です〜〜〜☆
ちなみに永遠のマドンナ=アンヌ隊員のBLOGはコチラです:
http://blog.goo.ne.jp/anneinfi
すみません、本文と関係なくってm(__)m ジュワっ!
by <たぁ> (2007-03-08 23:15) 

DJ

<たぁ>様はじめまして!
セブオタのDJと申します~
同じくこのスキン超萌えです~!!!!

ディュワッ!
by DJ (2007-03-08 23:36) 

クロちゃん

<たぁ>様
アンヌ隊員のblogがあったなんて。
感激です。
このblogスキンはソネットの特権ですね。

DJさん
実は<たぁ>さんとはあの川尻の昇ちゃん在籍のFLAREというバンドでご一緒させていただいたんですよ。
昇ちゃん繋がりですねwww

お互いの交流が図れると何よりです。
by クロちゃん (2007-03-08 23:43) 

<たぁ>

DJさん、こちらこそヨロシクです。
ダンとアンヌの愛の物語であり、全編宇宙人との対決を描きながら
社会問題にも鋭く切り込んだセブンは、やはり不朽の名作ですネ☆☆☆
前編・後編モノの3作なんて、もう........(涙)。
我々もウルトラ警備隊の一員として?!頑張ってマイリマショウ(^^)

クロさん、久々So-netに嫉妬シマシタ♪

ダーっ!!
by <たぁ> (2007-03-09 02:06) 

あなたにも見えただろうか。SLD-MAGICより。

なんの策もないまま戦争の泥沼にはまり込んでしまった大日本帝国ではなく、無条件降伏という屈辱からはじまる戦後日本でもない。
ふたつの時代にふれたからこそ、私の脳裏にうかぶ国がある。
四海に囲まれ独立し力に満ちたその国は間違いなく我々の眼前に存在する。それが黄金の国ジパングだ。
by あなたにも見えただろうか。SLD-MAGICより。 (2015-01-15 21:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。